落花生の栄養とその効果

オレイン酸・リノール酸、ビタミンE、ナイアシン、ミネラルなどの栄養が豊富に含まれています。また非常に高カロリーな食品です。
「高カロリー」
落花生は非常にカロリーが高く、100gあたり生の未熟豆でも295kcal、乾燥させたものだと562kcalも含まれています。少量で沢山のエネルギーを得ることが出来ます。逆に食べすぎには注意しましょう。

「オレイン酸・リノール酸」
オレイン酸やリノール酸などの不飽和脂肪酸が豊富です。これらにはコレステロールを抑制する作用があり、肥満防止に役立つとされています。

「ビタミンE」
抗酸化力が強いことで知られるビタミンEが豊富に含まれています。これには活性酸素を抑え体内の不飽和脂肪酸の酸化を防ぐ働きがあるので、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防に役立っていると考えられています。
ビタミンEはこのほかにも、血管を酸化から守り、血行を良くする働きもあると言われています。

「ナイアシン」
野菜の中で、落花生はナイアシンの含有量がトップクラス。ナイアシンはアルコールの分解や、分解後に生じるアセトアルデヒトという二日酔いを起こす成分の分解を助ける作用があります。

「ミネラル」
カリウムやマグネシウム、リン、鉄など身体にとって欠かせないミネラルを豊富に含んでいます。

関連記事

  1. 落花生の歴史

  2. 落花生の話

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。